確定申告の時の寄付金控除って何?

寄附を行った場合はその金額に応じて控除が受けられます。

控除額は寄附金かその年の所得中40%相当額のどちらか低い方から5千円を引いた額が控除額となります。控除の対象となるのは、寄附の全額ではなく5千円を引いた額なので、5千円以上の寄附に限る事になります。

災害援助で寄付をした、赤十字社や福祉団体に寄付した人が確定申告を行うには、寄附した事を証明する書類や領収書などを提出して控除を受けます。

しかし、例えば何でも寄附すれば控除対象になるのであれば、知り合いの会社や自分の子会社などに寄附を行い後でキャッシュバックしてもらうなど悪質な脱税を防ぐため、寄附の控除にあたるのは限定されています。

国や公共団体、法人の中でも財務大臣が指定した所、赤十字社や福祉団体、学校、政治献金などです。脱税目的の控除を減らす為、個人への寄附や私立学校、任意団体などは認められていません。

控除目的に寄附をする事はあまり無いと思いますが、控除の適用金額を覚えておくと良いでしょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

確定申告で住宅ローン控除の必用書類は?
昨年、住宅ローンを借り入れし住宅取得した人が、住宅ローン控除を受ける場合には、3......
確定申告と医療費控除の対象は?
年末になるとよく医療費控除の事耳にしますね。どういった人が医療費控除を受けられる......

▲このページのトップへ