確定申告と医療費控除の対象は?

年末になるとよく医療費控除の事耳にしますね。どういった人が医療費控除を受けられるのでしょう。

年間(1月1日から12月31日まで9の医療費が一定額を超える場合に、確定申告をすれば税金が還付される制度です。

生計が同一であれば配偶者や親族の分もまとめて控除対象になります。(親族の範囲は6親等内の血族、3親等内の姻族)また所得の多い(税率が高い)人が全員の分を負担する事で、医療費控除額は変わらなくても、還付額は大きくなります。つまり誰の確定申告で医療費控除をするかにより還付金額も変わってきます。

医療費控除の対象になるのは

・ 医師、歯科医師による診療または治療費
・ 治療、療養に必要な医薬品の購入費
・ 入院や通院時の電車、バス代
・ 入院時に必要な食事代
・ 不妊治療や人工授精費用・出産費用
 (ただし、出産育児一時金がある場合は差額のみ対象)
・ 海外旅行先で支払った医療費

などです。

その他にも対象となる例があるので、レシートなど必ずとっておいて、税務署に相談すると良いでしょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

確定申告で住宅ローン控除の必用書類は?
昨年、住宅ローンを借り入れし住宅取得した人が、住宅ローン控除を受ける場合には、3......
確定申告の時の寄付金控除って何?
寄附を行った場合はその金額に応じて控除が受けられます。 控除額は寄附金かその年の......

▲このページのトップへ