確定申告で住宅ローン控除の必用書類は?

昨年、住宅ローンを借り入れし住宅取得した人が、住宅ローン控除を受ける場合には、3月15日までに確定申告を行います。会社員の場合、2年目からは、年末調整で住宅ローン控除を受けることができますが、1年目だけは確定申告が必要です。

申告書の書類は税務署やインターネットでダウンロードして手に入れます。税務署に行くと会社員が週宅ローン控除を受ける場合の用紙があらかじめセットされていて、封書に必用な書類のテェックリストも貼ってあり、とても分かり易くなっています。

自分で用意する書類は、住民票の写し、年末残高証明書、家屋の売買契約書または請負契約の写し、敷地の売買契約の写し、家屋の登記事項証明、敷地の登記事項証明書が必要です。

必用書類がそろったら、申告書に記入し税務署に提出します。事前に必用書類をそろえる事でスムーズに申告書を作成する事ができます。でないと申告書作成が途中で頓挫し、面倒になりがちになります。住宅ローンを組んだら支払いが大変です。少しでも還付金があれば助かりますね。

この記事のタグ

サイト内関連記事

確定申告と医療費控除の対象は?
年末になるとよく医療費控除の事耳にしますね。どういった人が医療費控除を受けられる......
確定申告の時の寄付金控除って何?
寄附を行った場合はその金額に応じて控除が受けられます。 控除額は寄附金かその年の......

▲このページのトップへ