無職でも確定申告は必要なの?

無職の人でも確定申告をした方が良い場合もあります。

税金を払いに行くの?とお思いでしょうが、この場合は税金を納めるために行うのではなく、払いすぎた税金を取り戻す還付申告が主に行われます。

1年間まったく収入が無い人は税金を支払う必要も無く、税金を払ってないのですから確定申告をする必要はありません。

しかし、数万円程度でも収入があった場合で、その給料から源泉徴収されて税金が引かれている場合は、支払った税金を取り戻す為に還付申告をしましょう。

もし、収入があった場合でも1円も税金を支払っていない状態の場合でも、非課税の場合はまったく税金を払う必要が無いので確定申告をする必要はありません。

低所得の人に対しては収入があっても税金を免除しますという事です。

サラリーマンの人が無職になった場合は、今まで会社が行ってくれた年末調整が無くなるので、その年の分を翌年に確定申告する必要があります。会社がしてくれなければ、個人で確定申告に行くしかないのです。

給料から天引きされていた税金はあくまで前年度の所得から計算された額ですから、無職になった時点で収入が減るので税金が還付される事になります。

また、住宅ローン控除などを会社で行っていた人は、無職になったら自分で確定申告を行います。

サイト内関連記事

退職した時の確定申告
会社を辞めるともらえるのが退職金。大企業だと、企業年金基金などから退職一時金が支......

▲このページのトップへ