退職した時の確定申告

会社を辞めるともらえるのが退職金。大企業だと、企業年金基金などから退職一時金が支払われるかもしれません。実は、これらにも税金はしっかりかかってしまうんです。

仕事をやめたとたん税金も増えると心配は要りません。

退職金などは「退職所得」に分類され、他の所得とは分けて課税されます。退職所得を他の所得と合算すると大きな金額になって課税額が多くなってしまうのを避けるため、課税額は「退職所得」から「退職所得控除」をひいて、さらに半分にした金額。それに税率を掛けて所得税額が決まります。

そこで気になる「退職所得控除」ですが

勤続年数が20年以下の場合は、
40万円×勤続年数(80万円以下の場合は80万円)

勤続年数が21年以上の場合は、
800万円+70万円×(勤労年数-20)

このように求められます。

ちなみにこの所得税、退職金が支払われるときに「退職金所得の受給に関する申請書」というものを提出するはず。これを出していたら、この計算式を適用してキチンと所得税が適正額徴収されてから支払われますので、あとは受け取るだけです。

この書類に覚えがない人は、確定申告をしに行ってください。

サイト内関連記事

無職でも確定申告は必要なの?
無職の人でも確定申告をした方が良い場合もあります。 税金を払いに行くの?とお思い......

▲このページのトップへ