年金受給者の確定申告

年金にも税金がしっかりかかってきます。

年金も所得とみなされるので、しかも確定申告は自分でしなければなりません。国民年金や厚生年金などの公的年金も、源泉徴収されています。

公的年金は雑所得にあたるのですが、まるっと全額が雑所得にはならなくて、65歳を境目にそれぞれ計算式にあてはめて、雑所得として計上する金額を計算します。

そうして出た金額に、基礎控除や配偶者控除、医療費控除、場合によっては寡婦(寡夫)控除などを差し引くわけですから確定申告をすれば、税金を取り戻せるチャンスは大いにあるということになりますよね。

年金を受け取っている方は、1月ごろ源泉徴収票が届いていると思います。この用紙と必用書類を持って税務署に行けばいいのです。自分でいけない場合もあると思います。郵送する事もできます。まずは税務署に相談してみてください。

▲このページのトップへ