パートに確定申告は必要?確定申告の方法ナビでは、パートや年金受給者・無職・株など様々な人の確定申告の方法を紹介しています。また、確定申告で損をしないよう、医療費などのような控除の情報も記載していますので、確定申告書を書く前にまずはご覧ください。

パート・内職者の確定申告

パートや内職をしている人は確定申告をしないといけないでしょうか?もし、確定申告をしないといけなければ、どんな条件で、どうやって確定申告をすれば良いのでしょうか?

パートなどの収入がある場合は確定申告を行う必要があります。でも、パートをやっている人全員が確定申告をする必要はなく、パートなどの収入が103万円以下の場合は年間所得が38万円以下になるので無税になります。だから、給料の中からは事前に源泉徴収されている場合は、その時は全ての税金を取り戻すことが出来ます。

しかし、パートの仕事でも103万円を超えない働き方を条件に雇用している場合は、税金を支払う必要が無いので元々源泉徴収していない場合もあります。源泉徴収が届けば税金を払っているので、確定申告したほうが、お得です。

内職などもパート収入と同様です。しかし、アフィリエイトなど副業的な仕事をしている場合は、基礎控除の38万円以上になれば夫の扶養から外れ、税金を納める必要があります。

アフィリエイトも内職と考えられる場合では、内職の経費として65万円までの控除が受けられる場合もあるので税務署で相談してみてください。

家庭内労働者等の場合は65万円の控除で、集金人、外交員、検針人、内職者となっています。アフィリエイトを専業として年収が100万円を超えている場合で確定申告を行っていないと、脱税として税務調査が入る可能性もあるのできちんと申告しましょう。

▲このページのトップへ